スーパーヒーロー作戦とは?

スーパーヒーロー作戦タイトル

スーパーヒーロー作戦は、プレイステーション専用のゲームソフト。
ロボットアニメや特撮作品のクロスオーバー、通称「コンパチヒーローシリーズ」のRPG作品。

目次

概要

スーパーヒーロー作戦カセット
対応機種PlayStation(プレイステーション:プレステ)
発売日1999年1月28日
発売元バンプレスト
ジャンルロールプレインゲーム(RPG)

ロボットアニメや特撮作品のキャラクターがSD(スーパーデフォルメ:2~3頭身にデフォルメしたキャラクター)化されて登場する。
具体的には、ウルトラ兄弟、宇宙刑事3人、快傑ズバット、キカイダー兄弟、メタルダー、ガンダムW、Gガンダム、バンプレストオリジナルキャラが共演するが、仮面ライダーシリーズは「強力すぎる」という理由から参戦が見送られている。

ストーリー的にはクロスオーバー作品であり、「コンパチヒーローシリーズ」の1つでもある。
2つの時代を往来しつつ、怪獣・宇宙人・犯罪結社といった様々な悪と戦う。

関連作品

『ヒーロー戦記』『ガイアセイバー』に続く、コンパチRPG第三弾に当たる。
しかしストーリー的な繋がりはない。

本作は2000年発売のゲーム『スーパーロボット大戦α』の前日談のような位置づけとなっている。
『スーパーヒーロー作戦』に登場するキャラクターが、スーパーロボット大戦αにて主人公や重要人物となっている。

また、本作は続編として『スーパーヒーロー作戦 ダイダルの野望』が発売されているが、こちらもストーリー的な繋がりはほとんどない。

あらすじ・世界観

あらすじ

新西暦155年

地球連邦政府によって設立されたTDF(Terrestrial Defence Force:地球防衛軍)が地球圏を守っていた。
そこへ突如、怪獣や別宇宙からの侵略者が現れ、地球圏は脅威に晒されていた。
さらにその混乱に乗じて、超科学力を持つ犯罪組織のテロも勃発。
後世に「混乱の時代」と呼ばれる危機に瀕していた。

しかし、侵略者を追って人類に味方した光の巨人やTDFの精鋭、独立遊撃部隊「ガイアセイバーズ」の手によって、この危機は乗り越えられた。

新西暦195年

ガイアセイバーズ解散から40年後。

地球連邦政府(TDF)は異星人や怪獣の脅威から人々を守るための軍隊ではなく、スペースコロニー群(宇宙居住者)を軍事力で制圧する存在になりつつあった。
コロニーの自治権を得るため、地球連邦政府からの独立運動を展開し始めたコロニーも出始めていた。

さらに、TDFに対抗するレジスタンス組織「ネオバディム」と呼ばれる謎のゲリラ組織はモビルスーツを使用したテロ行為を展開。

TDF、コロニー群、ネオバディムの三つ巴の構図で、地球圏は再び混沌とし始めていた。

主人公の境遇

戦闘で機体を爆破され宇宙を漂っていたところを、反TDF組織ピースミリオンに救われた記憶喪失の主人公。

ネオジャパンコロニーで密かに開発されている災厄の兵器アルティメットガンダム。
これをTDFに先駆けて奪取するという任務を遂行する主人公は、「混乱の時代」の遺産である対怪獣人型機動兵器パーソナルトルーパー・アールガンを駆って単身出動する。

待ち受ける自身の宿命も、これを機に起きる事件が誰も体験したことがない、次元を超えた闘いの序章とも知らないまま・・・

登場人物

登場する主な人物・シリーズは以下の通り。
ただし、以下以外にも一時的に仲間になり操作できるキャラも存在する。

ウルトラシリーズウルトラマン
ウルトラセブン
帰ってきたウルトラマン
ウルトラマンA
ウルトラマンタロウ
ウルトラマンレオ
メタルヒーローシリーズ宇宙刑事ギャバン
宇宙刑事シャリバン
宇宙刑事シャイダー
超人機メタルダー
ガンダムシリーズ機動武闘伝Gガンダム
新機動戦記ガンダムW
その他人造人間キカイダー
キカイダー01
快傑ズバット
バンプレストオリジナル
スーパーヒーロー作戦タイトル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次